MediToolトップ > サービス > 熟大メイト

熟大メイト <トレーニングツール>

株式会社システムフロンティア


概要

特定保健指導アイテムの決定版
「熟大メイト」は、熟年体育大学リサーチセンターが開発した「健康トレーニングアイテム」です。生活習慣病予防
や体力アップに効果的なインターバル速歩をしっかりサポートします。

各個人の筋力・体力に合わせて、インターバル速歩のトレーニング・プログラムの実践を
サポートします。過去データの蓄積も可能です。
また、熟大メイトに記憶されたデータは、インターネットを通してNPO法人熟年体育大学
リサーチセンターへ転送して蓄積することができ、解析結果や評価が、フィードバックされます。
更に、解析結果を元に保健指導を支援するツールとして活用頂けます。

お勧めユーザーリハビリ部門・トレーニング部門
製品形態ハードウェア 
メーカーサイトhttp://www.sfrontier.co.jp/homepage/medical/jyukum.html

特徴

インターバル速歩とその効果
「インターバル速歩」は、個人の筋力や体力に合わせて、ゆっくり歩いたり速く歩いたりを繰り返し行う
歩行方法です。歩く速度に緩急をつけることによって、運動中にリフレッシュ出来るため、単調になり
がちなウォーキングに“メリハリ”がつき、歩くことに飽きが来ないのです。すなわち“メリハリ速歩”と
呼ぶことが出来ます。
また、その効果は通常のウォーキングでも期待される 「体脂肪の低下。血圧やコレステロール値の
正常化」 の他に、①脚筋力や②持久力といった介護の予防のために維持・向上したい体力アップに
大きな効果が見られます。これは、持久力と太ももの筋力には密接な関係があり、インターバル速歩
は、この太ももの筋力に対して大きく働きかけることが寄与しているようです。
(熟年体育大学(長野県松本市)の約9年間、1800名のデータより分析、考察しております)

熟大メイトの活用

このインターバル速歩トレーニングをサポートする 「熟大メイト」 は、特定健診等の効果的な指導や
介護予防につがる体力向上に大きく貢献するアイテムとして、健診センターや介護施設、健康指導に
関わる方々に手軽に活用頂けます。
長野県松本市の熟年体育大学での、約9年間に渡る約1800名のウォーキングデータから分析した
結果、ウオーキングだけでは体力アップができないことが明らかになりました。トレーニングマシンなど
を用いる場合、どうしても施設面などでの制約がありますが、「熟大メイト」=インターバル速歩なら、
小さなスペースで効果的な体力アップの指導が可能です。これを選択することで、各個人の体力に合わせ
た効果的な指導が、多くの方々を対象に実施できます。
また、熟大メイトを使って速歩を行うと最大運動量、歩行速度、ふらつきが計測できます。また、それぞれ、
持久力、脚筋力、重心動揺量と相関があることがわかっています。

このページのTOPへ

無料製品掲載について

新着情報

お問い合わせ

運営会社名 アドバード株式会社

メールアドレス: info@adbird.co.jp

ページTOPへ