MediToolトップ > 効率化・セキュリティ > 効率化関連 > NEOVISTA I-PACS QA

NEOVISTA I-PACS QA <検像システム>

コニカミノルタヘルスケア株式会社


概要

フル・デジタル環境における画質品質保証をサポートする「検像システム」です。
NEOVISTA I-PACS QAは、デジタル化された医療環境における画像情報の品質保証を容易に行うために開発された、マルチモダリティ対応検像システムです。IHE-Jに準拠し、RIS、PACSといった情報システムとの柔軟なシステム運用を実現します。
I-PACS QAは高度で専門性の高い判断を必要とする撮影画像の画像品質確認を中心に行えるよう、撮影オーダーと画像情報に付帯する情報の整合性チェックを自動化しています。これにより、通常操作は階調性やポジショニング等を確認後、問題なければ送信ボタンを押すだけの簡単操作となっており、誰にでも使いやすいシステムです。

お勧めユーザー医療機関等
製品形態ハードウェア 
メーカーサイトhttp://www.konicaminolta.jp/healthcare/products/imaging/i-pacsqa/index.html

特徴

REGIUS連携機能


・REGIUS処理搭載
REGIUSコンソールCS-1/3から受信した画像データにREGIUS処理が適用可能。G処理についてはパラメーター変更が可能となっており、画質の最適化に役立ちます。

・自動ソーティング機能
REGIUSが持つ撮影情報を利用し、予め設定された画像表示順となるように自動的に画像を並べ替える機能です。一般撮影における頸椎、腰椎などの多方向撮影時に撮影順と画像表示順が異なる場合などに、面倒な並べ替え操作を省力化できます。

 

オーダー自動照合機能


RIS等との連携により、撮影画像のヘッダー情報とオーダー情報を自動照合します。撮影オーダーとの不整合があった場合は、画面左下のアイコンが点滅し不整合の状態について確認/修正を促します。また、修正箇所を自動抽出しますので短時間で修正操作が可能です。


検査、シリーズの分離/結合や画像順編集機能


PACSでの正確な画像管理と表示画像の最適化を支援する為に、撮影画像を検査単位、シリーズ単位で分離、結合したり、画像順を変更操作する機能を搭載。サムネイル画像を見ながら直感的に操作可能となっています。


スタック/シネ表示機能


タイル表示はもちろんのこと、CT、MR等の画像表示に最適なスタック表示機能やDSA、US等のマルチフレーム画像のシネ表示機能を搭載。効率的な画像確認が行えます。


その他の機能


効率的な検像業務を支援する為に、予め設定された条件に基づく検像優先順の決定や至急画像確認が必要な救急等の画像を判定、表示する機能を搭載しており、多彩なワークフローに対応いたします。

このページのTOPへ

無料製品掲載について

新着情報

お問い合わせ

運営会社名 アドバード株式会社

メールアドレス: info@adbird.co.jp

ページTOPへ