MediToolトップ > 部門別システム > 放射線部門・遠隔画像診断システム > REGIUS MODEL 210

REGIUS MODEL 210 <カセッテタイプCR装置>

コニカミノルタヘルスケア株式会社


概要

REGIUS MODEL 170で誕生した「超分散システム」のコンセプトを継承し、世界最小の43.75µmマンモグラフィ用読取サンプリングピッチを実現。新たに、被ばく低減に対応した小児(新生児・乳幼児)撮影用カセッテをラインナップ。

お勧めユーザー医療機関等
製品形態ハードウェア 
メーカーサイトhttp://www.konicaminolta.jp/healthcare/products/cr/regius210

特徴

コンパクトでありながらハイパフォーマンス


超分散という概念は、小型かつ高速という新発想のリーダーユニットを誕生させました。約100枚/h(大角サイズ)もの余裕の処理能力を、わずか58×58cmの設置スペースで発揮。非常にコンパクトな設計ながら大型機並みの処理能力を誇ります。

 

 

"超分散"という発想でより最適なレイアウトを実現


MODEL170で誕生したコンセプト、”超分散システム”。リーダーとコンソールを分離し、装置レイアウトの自由度を高めながら、従来同様に迅速で確実な画像確認を可能としました。検査数や作業動線、室内スペース等に応じて最適なシステムを構築頂けます。

 

 

蒸着蛍光体を採用したCプレートシリーズ


「Cプレート」は蛍光体結晶が柱状に形成されていることから、輝尽発行を効率的に受光部に導くことが可能となり、さらにX線吸収の高い材料を蛍光体として選択しているため、優れた鮮鋭性と粒状性を実現しています。マンモ用カセッテに加え新たに被ばく低減が求められる乳幼児撮影に最適な小児用カセッテをラインナップしました。

 

 

 

 

このページのTOPへ

無料製品掲載について

新着情報

お問い合わせ

運営会社名 アドバード株式会社

メールアドレス: info@adbird.co.jp

ページTOPへ