MediToolトップ > 部門別システム > 介護部門システム > Macrobios(マクロビオス)

Macrobios(マクロビオス) <栄養管理情報システム>

日本アイ・ビー・エム株式会社


概要

食事は健康管理の第一歩。特に病院での食事は、様々な条件を満たす献立を考え、必要な材料を仕入れ、調理し提供するまで、様々なノウハウと経験を生かしたシステムが不可欠です。長年培ってきた栄養管理のノウハウを結集した、Macrobios®は、これまでにない使いやすさにこだわった栄養管理システムとして誕生いたしました。

お勧めユーザー医療機関介護部門
製品形態ソフトウェア 
メーカーサイトhttp://www-06.ibm.com/industries/jp/healthcare/solution/NCT.html

特徴

<このようなニーズをお持ちではありませんか?>

病院や施設での給食・配食業務は、ますます複雑化し、以下のようなきめ細かい対応が求められています。

患者様個々のアレルギー・嗜好への対応

特別指示の献立の作成

院外調理採用

クックチル・真空調理を用いた新調理の導入への対応

1日単位から1食管理への対応

個人情報保護の遵守

栄養管理実施加算への対応

健康増進法

電子カルテシステム・オーダリングシステムの導入と対応

Macrobiosはこれらにニーズに、強力にお応えします。

なお、Macrobiosとは、古代ギリシャ語で「偉大な生命」「長寿」を意味し、患者様や施設利用者の方々の健康を願ってつけられた名前です。


<提供するサービス内容>

栄養管理業務の統合管理

個人栄養管理機能

栄養管理計画/栄養ケアマネージメント機能

委託業務との共存・環境への対応

外来患者向けの栄養サービス機能

新調理システムへの対応


<製品コンセプト>

医療・介護分野へのサービスを提供

医療関係者の立場に立ち、更に患者の立場に立ったシステム設計

給食(配食)という観点でのサービスではなく、栄養管理という観点でシステム提案・構築

病院規模・診療種別に統一対応することを前提としたシステム設計

栄養業務運用を考慮した操作性を実現

<Macrobiosの特長>

新栄養管理情報システムMacrobiosには、以下のような特長があります。


<セキュリティー機能・情報漏えいの防止>

業務ログを保存することで変更履歴や登録履歴を閲覧することが可能

データは永久保存の為、過去のデータを活用することが可能

使用者ごとの業務に対して使用制限が可能


<きめ細かな献立作成が可能>

個人献立作成機能を標準で用意

アレルギー・嗜好による基本献立代替機能(最大99段階まで自動振り分け)を標準で用意

1日9分割(9回)食対応が可能

1画面で7食種及び1週間分献立の作成が可能

献立作成時に調理方法(セントラルキッチン・クックチル)の指定が可能


<適切な食事の提供指示を実現>

栄養管理計画書(アセスメント・スクリーニング)管理機能を標準で用意

個別食事喫食調査より患者別栄養摂取量の把握が可能

カラー食札印刷では変更患者はもちろん一括出力後の差分出力も可能


<無駄を省く材料管理>

セントラルキッチン・クックチルの発注に対応

発注単位は食種単位から料理単位に変換し発注数管理を行うことが可能


<病院情報システムとの連携にも対応>

オーダリング・電子カルテ等の病院情報システムとの連携可能

このページのTOPへ

無料製品掲載について

新着情報

お問い合わせ

運営会社名 アドバード株式会社

メールアドレス: info@adbird.co.jp

ページTOPへ