MediToolトップ > レセプト・DPC関連 > レセ楽net

レセ楽net <レセプト点検サービス>

ラジエンスウエア株式会社


概要

レセ楽netはレセプト電算化時代を強力にサポートします。

製品形態その他
メーカーサイトhttp://www.radianceware.co.jp/rad/product/reseten.html

特徴

■サービスの特長
     →差分方式で点検を実施
前回点検文と比較して、データ内容と記録順が異なる場合のみ点検を行います。
点検結果のうち修正が必要で修正したものは、再度レセ楽netで点検を行います。

10日おきなど、複数回点検を実施し、その都度修正することで、
月初の点検作業時間の短縮になります。

     →チューニング(個別調整)で楽々
薬剤・診療行為・コメントなどの有無やレベルの設定で、適応症の点検を通過させることが可能です。
例示)健胃薬の場合、適応症点検通貨
      初診時の件さであれば点検通貨など

チューニング作業は、レセ楽netスタッフが実施します。

■点検内容
<主な点検内容> 
●医薬品の適応症点検(使用料による適応症等の違いにも対応)
●検査・画像診断・処理等の適応症点検(部位による点検等を含む)
●同時算定、算定漏れ点検(複数医薬品や複数診療行為、存在コメントの組み合わせで多様なチェック)
●診療行為と医薬品・特定器材の妥当性点検(算定可、不可の医薬品・器材等)
●診療行為算定の際に必ず必要となるコメントの存在点検
●同一診療年月の診療行為の入外間の算定回数や同時算定不可、算定漏れ等の点検 など

      →独自の点検ロジック・マスタで正常なデータに変換して点検
医療機関様独自の病名に対応するため、レセ楽独自の病名変換辞書を内蔵しています。
これにより、未コード病名の場合、コード化病名へ置き換えて点検します。
また、置き換え可能病名を表示します。

     →適応症点検の結果レベルでお知らせ
適応するレベルによってより重大なエラーが 表せ対応を区分けします。
×△に分けて、どのレベルで適応症に該当したかを表示します。
     ×・・・必ず修正が必要
     △・・・修正を要検討(修正が必要か判断するために、見直しが必要)

■サービス料金 
     →毎月定額にていただく料金体系です
●医療機関様の規模やサービス内容により料金は異なります。
●受託業務は「マスタ管理」「チューニング(個別調整)「点検結果分析レポート作成」を
  基本タイプとします。
●初期立ち上げ費用は不要で、毎月の定額料金のみご負担していただきます。
●ORCAユーザ様には特別料金で提供いたします。
●コンサル内容と料金は要望により個別に承ります。
●Bフレッツ閉鎖網またはインターネット回線使用料を別途ご負担いただく場合がございます。

※レセ楽netのサービスは「査定ゼロ」や「返戻無し」を保障するものではありません。
先生や事務員さまの点検作業を軽減すると同時に「査定率」の改善をご支援させていただきます。 

このページのTOPへ

無料製品掲載について

新着情報

お問い合わせ

運営会社名 アドバード株式会社

メールアドレス: info@adbird.co.jp

ページTOPへ