MediToolトップ > オーダーリング・電子カルテ > HOPE/EGMAIN-CX(ホープ/イージーメイン-シーエックス)

HOPE/EGMAIN-CX(ホープ/イージーメイン-シーエックス) <電子カルテ>

富士通株式会社


概要

かかりつけ医として地域医療を支える無床診療所様向けの電子カルテシステム。

多くの電子カルテシステムの構築経験をベースに、洗練された最高水準の操作性と豊富な機能を実現。患者さんのニーズに応える魅力的な診療所への変革を支援します。

お勧めユーザー無床診療所様向け
製品形態ソフトウェア 
メーカーサイトhttp://jp.fujitsu.com/solutions/medical/products/egmaincx/

特徴

豊富な機能で診療の効率化を実現

  • 診療内容ごとのテンプレートや伝票などの豊富な入力補助ツールにより、電子カルテへの入力が簡単に行えます。
  • 利用者ごとに自由に設定できるメニューボタンとツールバーで使いやすい操作環境を設定できます。
  • ドラッグ&ドロップを中心とした直感的なマウス操作で入力できます。

シンプルで使いやすい画面

  • 誰にでも違和感なく、簡単に操作できるよう、シンプルな画面デザインを徹底追求。
  • 利用者ごとに、よく使う業務の登録や、メニューボタンの配置・有無などの設定が可能。
  • ドラッグ&ドロップを中心としたマウス操作で、面倒な入力作業の手間と時間を軽減。
  • ボタンの位置や役割を覚えていなくても、右クリック1つで、入力エリア内で実行可能な機能を一覧表示。

豊富な入力補助ツールを搭載

  • 伝票、テンプレートなど、直感的なシンプル操作で入力できる『統合入力ツール』を使って、カルテ入力をスピードアップ。
  • 入力補助ツールの内容は利用者のニーズに合わせて、簡単な操作で変更可能。
  • 予定されている診療行為を予定オーダーとして登録しておけば、カルテを開くタイミングで自動入力。

効率的な診療をサポートする参照機能

  • 患者情報や過去の診療情報、処方や検査のオーダー情報を画面の左側に集約。
  • タブを切り替えるだけで、様々な情報を参照しながらカルテを作成。記載時のスクロール操作も不要。
  • 診療内容の入力時に、その時点での点数を確認したり、レセプトチェック結果をタブから表示することが可能。

カルテナビゲーターですばやくアクセス

  • 特徴的な症状や特筆すべき診療行為などに、紙に付箋を貼るイメージでマーキング。
  • 所見として入力した文字列の一部を、カルテ情報として日付に続けて表示。
  • いつでも見たいカルテ情報に瞬時にアクセス。

手書きカルテのよさを継承する多彩な表現力

  • 症状経過欄に入力した文字列の色やサイズ、フォントを編集でき、ポイントとなる症状などを強調。
  • キーボードやマウスに不慣れでも液晶ペンタブレットの使用が可能。フリーハンドでのスケッチにも便利。

スケッチや画像をカルテ上に取り込むことが可能

  • 診察所見の中に記載するスケッチや、スキャナやデジカメで取り込んだイメージファイルを簡単に入力することができます。コメントや線画の書き込みはもちろん、あらかじめ登録しておいたコメントを選択形式で入力することも可能です。

     

患者様との円滑なコミュニケーションを実現

  • 検査結果グラフやX線写真などの画像を患者様や家族に示すビジュアルなインフォームドコンセントや、診療情報等を患者様に提供する機能を搭載しているので、患者様が自宅でカルテを参照することが可能です。

検査結果や参照画像を表示

  • ビットマップやJPEG形式の画像データをカルテ上に取り込み、診療に活用。
  • 検査結果のグラフやX線写真の画像を示しながら、ビジュアルなインフォームドコンセントを実現。
  • 検査結果データは時系列やグラフ形式で表示できるほか、その場で印刷して患者に渡すことも可能。

成長曲線を表示

  • 成長管理機能を装備。小児患者さんの成長を管理する上で必須となる成長曲線を表示。
  • 「0~2歳」「0~6歳」「0~16歳」のレンジで標準曲線の表示が可能。
  • 身長・体重・頭囲・BMIの数値の遷移をグラフ表示し、子どもの成長を継続的に評価。

カルテをCDに出力可能

  • 診療情報や検査結果、投薬情報などの長期にわたる記録を患者さんに提供可能。
  • 患者さんは、CDなどの媒体で提供されたカルテデータを自宅でじっくり参照できて便利。
  • カルテデータのCD出力や印刷時には個人情報の匿名化が可能で、セキュリティ対策も万全。
  • カルテの情報をコピー&ペーストすることで、紹介状や診断書などの作成も簡単。

地域医療機関との連携が可能

  • 豊富な導入実績を誇る富士通の病院向け電子カルテシステムとの病診連携機能を搭載しています。地域中核病院との紹介状連携、診療所から病院への検査予約など、シームレスな地域医療連携が可能です。

院内業務にとどまらない地域連携機能を装備

  • 中核病院側の電子カルテシステムとの連携(注)により、地域内での診療情報の共有化を推進。
  • 患者さんの医療負担を軽減すると同時に、地域一体となった質の高い医療サービスの提供を強力にサポート。
  • 中核病院への紹介状連携や検査予約など、高度な地域連携を視野に入れた段階的な活用が可能。

        (注) 国内トップシェアを誇る富士通の電子カルテシステムとの連携機能を提供しています。
                中核病院と連携を行う場合は、別途、中核病院に地域連携用のシステムが必要です。

往診時にも対応

  • ノートブックPCなどで必要な患者データを持ち歩き、患者宅への往診時にも院内と同様にカルテを利用。
  • 往診先での診療内容をノートブックPCに記載し、往診から戻ったあとでサーバに登録。
  • カルテデータの継続性を確保し、地域に密着したきめ細かな医療サービスを実現。
    ノートブックパソコンには、万一の紛失時に備えて、セキュリティ対策が必要です。

紹介状などの書状を簡単に作成

  • 紹介状や診断書など、さまざまな書状を簡単に作成できる機能をご用意しています。

万全のサポート体制

  • 豊富な導入実績に基づく、富士通独自の医療機関様向け販売サポート体制で、ハードウェア・ソフトウェア両面にわたる万全のサポート体制を全国にご用意しています。
このページのTOPへ

無料製品掲載について

新着情報

お問い合わせ

運営会社名 アドバード株式会社

メールアドレス: info@adbird.co.jp

ページTOPへ