MediToolトップ > オーダーリング・電子カルテ > CIS-MR(Medical Record)

CIS-MR(Medical Record) <電子カルテ>

日本アイ・ビー・エム株式会社


概要

患者様の診療情報を統合管理することでチーム医療を推進し、診療及び経営を支援いたします。 これまで紙やフィルムで扱われてきた診療情報をデジタル化し統合管理することで、多角的な分析や利用が可能になります。 IBM CIS-MRでは、1患者1生涯カルテを目指し、患者様の視点に立ったシステム活用により 地域全体での医療の質向上につなげます。

お勧めユーザー医療機関
製品形態ソフトウェア 
メーカーサイトhttp://www-06.ibm.com/industries/jp/healthcare/solution/cismr.html

特徴

充実のクリティカルパス機能

あらかじめ診療行為をミニセットとして用意することで、患者様の容態に合わせた迅速かつ的確な指示が可能です。複数パスの適用も容易です。

患者様中心の記録

医師・看護師などが互いの記録を相互に参照することも可能です。これにより、チーム医療の質の向上に貢献いたします。

オープンビュー機能

カルテ中の主訴・所見・シェーマなど、処方内容や観察結果を時系列表示することが可能です。グラフ表示にも対応しております。また、患者様のインフォームドコンセントにも利用可能です。

カルテ検索機能

症状、所見、薬剤名、検査項目などのキーワードで該当するSOAPカルテを検索し、一覧を表示することが可能です。また期間・プロブレム・診療科・記録区分(初診・経過・経時)・入外区分・SOAP区分・記載者による絞り込みも可能です。

参照に関してもログを保存

オーダ発行時・カルテ記載時は勿論のことカルテ参照のみでもログを保存いたします。みだりなカルテの参照への抑止力となります。

カルテの真正性を確保

カルテやオーダに変更・修正があった場合は「誰が」「いつ」「どのように直したのか」を履歴として残します。これにより、3原則の「真正性」を確保いたします。

このページのTOPへ

無料製品掲載について

新着情報

お問い合わせ

運営会社名 アドバード株式会社

メールアドレス: info@adbird.co.jp

ページTOPへ