MediToolトップ > 受付周辺システム > FHP-10

FHP-10 <診療費支払機>

グローリー株式会社


概要

診療費は自動機で精算する。そんなスタイルが全国の病院で急速に広がっています。導入を加速するその背景にあるのは、病院と患者さまの双方にとっての大きなメリットです。今や病院の必需品となった診療費支払機。グローリーは金融機関で培ってきた技術と総合サポート体制で診療費の現金管理業務を支えてまいります。

お勧めユーザー医療機関
製品形態その他
メーカーサイトhttp://www.glory.co.jp/product/siharai/fhp-10.html

特徴

現金管理のセキュリティー性を向上 [カセット回収方式]
現金の全回収は、紙幣・硬貨それぞれのカセットを取り出すだけで、スムーズに行えます。直接現金に触れること無く、また現金を人目にさらすことなく回収作業ができるため、セキュリティー性に優れています。

金融機関向け製品に採用されている技術 [一時保留機能と識別機能]
一時保留機能により、入金の取り消し操作をした時は、入金された現金をそのまま返却します。入金中の現金と、機内現金を明確にしているため、万一のエラーが発生しても現金の取り扱いが容易で、現金トラブルを防ぎます。また紙幣・硬貨の識別機能は金融機関に採用されているレベルを保持しています。

スピーディーな入金をサポート [一括100 枚入金]
紙幣も硬貨も、それぞれ一度に100 枚※までの一括入金が可能。入院費の定期支払時や高額医療費支払時など、まとまった金額のお支払いの場合でもスピーディー。ピーク時の待ち時間短縮にもつながります。また、5円・1円硬貨の入金にも対応しています。( ※紙幣は官封券)

色弱者に優しいCUD認証取得 [ユニバーサルデザイン]
大きな文字と見やすいカラー表示、さらに操作ガイダンス、音声案内の採用により、患者さまの操作性を向上。色弱者の方にも安心して使っていただけるよう配慮しています。また、タッチパネルのボタン位置を画面下部に集中レイアウトすることで、車いすの方への操作性も配慮しています。本製品のタッチパネルディスプレーは、色弱者の方にも操作可能な画面表示として、NPO法人カラーユニバーサルデザイン機構より「カラーユニバーサルデザイン認証」を取得しました。

ゴミや異物などの混在に強い[異物排除機能] ※硬貨投入口

今の領収書体裁が継承できる[レーザープリンター内蔵]

事務室などから機器管理ができる[リモートモニター機能]

英語対応によるバイリンガル[英語音声/表示機能]

カードでのお支払いにも対応[カード決済機能](オプション)

人感センサー付き自動スタンバイ機能

このページのTOPへ

無料製品掲載について

新着情報

お問い合わせ

運営会社名 アドバード株式会社

メールアドレス: info@adbird.co.jp

ページTOPへ